記事アーカイブ   雑誌やウェブサイトなどに掲載された記事、連載を中心にご紹介します。
ARCHIVE / SNLAB.

インストラクターのための栄養学(第4回)

3 1

Written by:
2011/03/01 14:43  RssIcon

インストラクターのための栄養学 21世紀になってからダイエットに関するものが多くなっています。もちろん昔から「スタイリー」のような痩身器具はありましたが、美容というくくりであり、ダイエットという分野は近年になって確立されてきました。さて、ビリーやスロトレなどの運動・トレーニング系は皆さんのご専門ですから、ここでは栄養に焦点を絞っていきましょう。

■危険なもの;抗肥満薬

まず、絶対に避けなければならないのは薬です。「私は食品を考えることはあっても、薬は使わないです」とおっしゃるかもしれませんが、実は薬は、我々の生活のすぐそばまで確実に入り込んできています。表2をご覧ください。世界で開発されている抗肥満薬です。この中で、日本で厚生労働省が認可しているのはマジンドール1種です(商品名サノレックス)。つまり、肥満症の患者に対して医師が処方し、その使用も最長で3カ月までとされています。

出典:HELTH NETWORK 第28巻3号

記事を読む(PDF)

TOP
最近の記事
TOP